教員育成のためのモジュール型コア教材「教育実践編」

これで生徒の発想を活かして仮説設定の指導ができる

仮説設定シート1枚で、生徒の発想が豊かになる

4QSを用いた仮説設定の指導法 (59秒)

平成19年度制作

◆◆概要◆◆

「4QS(The Four Question Strategy)」の手法を用いることにより、ややもすると作業的になりがちな理科実験を真の仮説・検証の過程とすることが可能になるとともに、より創造的な学びとすることができます。

本教材では、変化する自然の事象に影響を及ぼす要因を生徒の経験と知識から引き出す具体的な指導場面として、電流と磁界の単元の実験を取り上げ、設定した仮説を検証するための指導の鍵となるシーンを紹介します。

【撮影協力】(平成19年12月)
上越教育大学附属中学校
【制作担当者】
小林 辰至
(上越教育大学 自然系教育講座理科分野)