教員育成のためのモジュール型コア教材「教育実践編」

子どものやる気を引き出す探究学習指導法

新指導法“The Four Question Strategy ”で仮説がどんどん立案できる!

理科教育の課題と今後の対応概要 (3分04秒)

平成18年度制作

◆◆概要◆◆

理科教育の探究学習において、子ども自身が自分の経験や知識を総動員して、時には直観も交えて検証可能な仮説を立てられるようにするためには、自然の事象の変化を従属変数として気づかせるとともに、それに影響を及ぼす独立変数に気づかせることが重要です。

この事例では、新しい指導法“The Four Question Strategy ”をベースに、誰でも手軽に実践できる仮説立案のための手法を紹介します。

【制作担当者】
小林 辰至
(上越教育大学 自然系教育講座理科分野)