教員育成のためのモジュール型コア教材 「ICT活用編」

教育の情報化を推進する校務支援システム

教育情報、情報の共有化、校務支援

校務支援システムの利点 (48秒)

ポイント

  • 学校間、教育委員会との情報の共有化
  • 授業改善にも役立つ

教員が持つ教材の情報や教育委員会からの各種公文書などを校務支援システムを利用して共有化することは、これからの学校改善、授業改善などに大切な要素です。


情報の共有化の利点 (21秒)

ポイント

  • 教材研究の支援
  • 授業の蓄積から授業改善

教材や指導案を蓄積し共有化することは、同じ単元の教材研究を行うときに有益な情報となります。この情報を上手に活用し、少しずつ授業改善を行っていく能力を育成することが、これからの教員に必要となります。


まとめ (34秒)

ポイント

  • 学校、教員、児童生徒への効果
  • 校務支援システムは道具
  • システムの効果を高めるには、教員の力量も必要

校務支援システムは、様々なことができる統合型のシステムですが、その分、利用者である教員の力量も問われます。これからの教員には、情報を共有化し、それをいかに活用していくかが大切です。