教員育成のためのモジュール型コア教材 「ICT活用編」

情報の共有化で、保護者・地域、教員間の理解が深まる

情報の共有により互いに高めあう教員、学校Webサイトにより保護者・地域からの理解と協力が得られる

ポイント

  • ペーパーレス職員会の様子を見て、先生方の声を聞くことにより、ペーパーレス職員会のためにどのような準備が必要か、どのように進行されるのか、利点は何かを知ることができる

1.ペーパーレス職員会の準備(日野市立日野第三中学校 校長) (1分14秒)

2.ペーパーレス職員会の実際 (2分57秒)

1.
ペーパーレス職員会の準備(日野市立日野第三中学校 校長)

ペーパーレス職員会議の準備 (1分14秒)

ポイント

  • 回覧板で事前通知
  • 資料は職員会フォルダに

【解説】

校長のメッセージ、教育委員会からの伝達事項、連絡事項等のペーパーレス職員会のレジメを校務システムの回覧板で事前に全教職員に回します。教職員は職員会の議題を事前に知ることができ、それぞれが空いている時間に分担の校務文書を作成し、あらかじめ職員会のフォルダに早めに入れておきます。必要に応じて掲示板等を活用して、会議の日までに見ておくように連絡します。

ゴール

  • ペーパーレス職員会の準備について説明できる


2.
ペーパーレス職員会の実際

ペーパーレス職員会 (2分57秒)

ポイント

  • 事前に資料を校務システムに保存
  • ファイルを開きながら説明を聞く
  • 印刷不要で時間と紙の節約
  • 会議の質の向上

【解説】

ペーパーレス職員会議の様子です。教職員用のコンピュータを食堂に持ち込んで行われました。無線LANの威力発揮です。

事前に資料は共有フォルダに入れてあります。校長先生の話す内容も資料として入れてあります。提案者の説明に合わせて、各自がその資料を開いて聞いています。会議は一時間弱でスムーズに終わりました。

<教員の感想>

  • 時間が節約できる
  • 印刷不要で資源の節約になる
  • 事前に資料をよく読んでおくことが必要
  • 行き当たりばったりの提案はなくなる
  • 会議資料の保存・検索方法等を検討したい

<校長の感想>

  • とにかく使ってみようというスタイルでやってきた
  • 共有フォルダに資料を入れたことが、ペーパーレス職員会議につながった
  • これが定着してくると、効率的になり時間のゆとりを生み出すことにつながる

ゴール

  • ペーパーレス職員会の進め方と特徴を説明できる