教員育成のためのモジュール型コア教材 「ICT活用編」

プレゼンソフトでかっこよく発表

プレゼンテーションソフトを使った上手な学習発表方法の指導

ゴール

  • プレゼンテーションを行う際のコンテンツ作成上の重要なポイントを理解する

1.発表する内容を掘り下げて考える (59秒)

2.見た目にかっこよくわかりやすく (1分04秒)

3.発表準備 (44秒)

1.
発表する内容を掘り下げて考える

発表する内容を掘り下げて考える (59秒)

ポイント

  • 相手が知りたい・自分が伝えたいこと伝える
  • 見た目にわかりやすく・かっこよく
  • エピソードなど興味を引く内容作り

【解説】

プレゼンテーションは人に上手に伝えることが目的になりますので、聞いている人にとってわかりやすくなるように、発表する内容を深く掘り下げて考えさせるようにしましょう。

ゴール

  • プレゼンテーションする内容の理解・質を良くするように指導する


2.
見た目にかっこよくわかりやすく

見た目にかっこよくわかりやすく (1分04秒)

ポイント

  • 文章・文字は適度な長さ大きさ色合いで
  • 適切な配置と配色
  • 写真、グラフ、図、音、提示タイミングを効果的に
  • 検討会等で見る側の印象を理解し、他の発表の良い面を吸収する

【解説】

見た目に分かりやすいコンテンツを作成するために、文章長、文字サイズ配置と配色、写真、グラフ、図、音等を効果的に使用し、分かりやすくかっこいいプレゼン資料をつくる指導をしましょう。

ゴール

  • 児童が作るコンテンツが見やすくわかりやすくなるよう指導する


3.
発表準備

発表準備 (44秒)

ポイント

  • 身振り手振りを使う
  • ゆっくり話したり、上手に強調したりする
  • 目線はみんなに向ける

【解説】

プレゼンテーションを行うときには、プレゼンテーションソフトで作成したコンテンツだけではなく、発表時の話し方やジェスチャー等も見る側の印象や理解に大きく影響しますのでしっかりと指導しましょう。

ゴール

  • 上手な話し方での発表ができるように指導する