教員育成のためのモジュール型コア教材「教育実践編」

ボランティア活動で、不登校の子どもたちとの触れ合いの体験をしよう

学生による不登校児童生徒への支援

学生による不登校児童生徒への支援 (57秒)

平成20年度制作

◆◆概要◆◆

現在、不登校の児童生徒は全国で約12万人います。そのため教師の職に就くと、そのような子どもたちの担任になる場合もあり、彼らの支援をする必要も出てきます。しかし、大学における教育実習などでは、不登校生に触れあう機会はなかなか得られません。

この教材では、大学におけるボランティア活動などを利用して不登校生との出会いや関わりを体験することが、教師になるための準備としての省察と成長の貴重な経験となることを紹介します。また、不登校生の心の理解や、活動に当たっての留意事項などについて解説します。

【撮影協力】(平成20年11月)
兵庫教育大学
【制作担当者】
古川 雅文
(兵庫教育大学学校教育研究センター)
【制作協力】
NANAっくす
『兵庫教育大学 学生参加による不登校支援ネットワーク』
 松本 剛
 (兵庫教育大学)
 新井 肇
 (兵庫教育大学)
 松本 望
 (NANAっくす コーディネーター)