教員育成のためのモジュール型コア教材 臨床編

教師のためのストレス・マネジメント

ストレスと上手につきあうために

イラスト

平成20年度制作

◆◆概要◆◆

ストレスという言葉は、いろいろな悩みや精神的な重荷、息苦しさを語る時に、当たり前のように用いられることが多いものです。揺れ動く社会状況の影響を受けて、親も子も価値観が多様化するなか、学校と教師を取り巻く環境は変化し、教師の負担は増大しているのではないでしょうか。教師とは、ストレスからくる身体や心の不調のサインに、より留意する必要がある職業といえるかもしれません。

教師が子どもたちや保護者、同僚の教師たちとともに毎日をすこやかに過ごすために、ストレスと仲良くつきあっていく知恵が、年々求められているといえるでしょう。

本教材は、教師がストレスとその対処法について学び、ストレスという観点から自己理解を深めて、より健康に生きていける知恵を身につける手だてとなることを目指しています。主な内容は以下の通りです。

  • ストレスとは何か
  • ストレスとストレッサー
  • ストレスと性格
  • ストレスは心と身体にどのような影響を及ぼすか
  • 身体的ストレス反応
  • 精神的ストレス反応
  • 行動的ストレス反応
  • 悪化する3段階と注意信号
  • ストレスと上手につきあうために
  • 様々なストレス対処法
  • 考え方への介入
  • リラクセーション
【制作担当者】
尾崎 啓子
(埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター)