教員育成のためのモジュール型コア教材 臨床編

教師のためのストレス・マネジメント

ストレスと上手につきあうために

1.
3つのストレス反応

3つのストレス反応 (25秒)

突然の、強く、解消しにくいストレッサーは、様々なストレス反応を引き起こします。

ストレス反応には、以下のような具体的症状があります。

  • 身体的ストレス反応
  • 精神的ストレス反応
  • 行動的ストレス反応

<ストレスが心と身体に及ぼす影響>


2.
悪化する3段階と注意信号

悪化する3段階と注意信号 (20秒)

何らかのストレスを受けても、上手に受け流したり、いつのまにか状況が変わっていたりしてストレッサーがなくなればいいのですが、うまく対処できずにまともに受けとめると、心身の不調が悪化してしまうこともあります。

ストレスは、以下の3つの段階を追って悪化していきます。

  • 警告期
  • 抵抗期
  • 疲憊(ひはい)期

心と身体の発する変調のサインを見過ごさず、ゆっくり休む、対応を考える、生活を変えるなど、なんらかの対処をしてみることが大切です。

<悪化する3段階と注意信号>