教員育成のためのモジュール型コア教材 臨床編

子どもの生命・安全を守るための学校の危機管理

学校の危機管理体制の確立が子どもを守る

まとめ (11分35秒)

【子どもの安全・安心を守るための学校危機管理】

  • どの学校でも事件・事故・自然災害等は、起こる可能性がある
  • 教師の瞬時の判断力は、子どもを事件・事故から守ったり、被害を最小限に留めることができる
  • 教職員一人ひとりが常に「備えあれば憂い無し」の危機管理意識を持つこと
  • 学校は、子どもたちが安全で安心して通えるように、様々な危機的状況に対して、的確に迅速に対応できる体制の確立を行うこと
  • 学校の実態に応じた様々な危機管理マニュアルの作成を行い、教職員は研修や訓練を通して危機管理対処能力向上を図ること

子ども一人ひとりが笑顔でいられる学校は、危機管理がきちんとなされている学校と言えます。


■参考資料

本教材に関連する資料です。講義や研修会でご活用ください。

【パワーポイントスライド】関連資料

学校の危機管理(パワーポイント資料)

表示する

■参考サイト・参考文献

◆『文部科学省ホームページ』

【URL】http://www.mext.go.jp/

◆『学校の危機管理マニュアル』

高階玲治/編著

東洋館出版社 2001年

◆『学校の安全管理に関する取組事例集』

文部科学省著作

独立行政法人日本スポーツ振興センター 2003年

【URL】http://www.naash.go.jp/kenko/jyouhou/

文部科学省ホームページ内へのリンク

【URL】http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/17/12/05120900.htm

◆『学校の防犯マニュアル 〜 不審者の侵入防止と登下校時の安全確保のために 〜』

横浜市教育委員会 2003年

【URL】http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/sidou1/bouhan/