教員育成のためのモジュール型コア教材 臨床編

「いじめ」の予防・発見・対応のために教師ができること

カウンセリング心理学の視点から

まとめ (3分06秒)

いじめの解決に不可欠な要素

(1)教師のリーダーシップ

(2)子どもとのリレーションづくり

(3)校内連携

(4)家庭・関係諸機関との連携

など

いじめ予防として大切な要素

(1)子どもの観察

(2)子どもとの心のパイプ(信頼関係)づくり

(3)心理教育の実践

(4)教師間の情報共有

など


■参考サイト・参考文献

◆『新しい実践を創造する 学校カウンセリング入門』「第V章 6.いじめ・いじめられ」

国立大学教育実践研究関連センター協議会教育臨床部会/編

東洋館出版社 2007年

◆『論理療法の理論と実際』

國分 康孝

誠信書房 1999年

◆『生きるのがつらい 「一億総うつ時代」の心理学』

諸富 祥彦

平凡社 2005年